口臭の原因とは?どこか歯が悪いの?

自分では気付きにくいものですが、他の人のお口の臭いが気になることがありますよね。


もしかしたら、自分も口臭がしているのでは?と感じたことはありませんか?


そこで、口臭がする原因がお口の中にある場合をいくつかご紹介していきます。


だ液が少ない


お口の中でだ液が分泌される量が少ないと、細菌が活発に働き、不潔な状態になります。お口の中が渇いていると口臭がすることがあります。


だ液を多く分泌させるために、リラックスすること、水分を摂ること、よく噛むこと、だ液腺を刺激することなどを心がけましょう。


舌の汚れ


舌には舌苔(ぜったい)と言って、白く苔の生えたように見える、細菌や汚れが溜まる状態になることがあります。


これも、口臭の原因となります。舌ブラシなどを使って舌を傷付けないように注意しながら舌を磨くことも口臭予防や解消になるかもしれません。


歯周病や虫歯


歯周病にかかっている場合も、口臭が生じることがあります。


歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットという溝に細菌が潜み、だ液や血液や食べかすに含まれているタンパク質などを分解して口臭を生じさせるのです。


虫歯で歯に穴が開いて食べ物が詰まったり、かぶせた歯の中が虫歯になっていたりすると口臭が生じることがあるでしょう。


口臭は様々な原因で生じ、お口の中以外の疾患の可能性もあります。口臭が気になる方は、歯科医院を受診して原因を探ることをオススメします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。