口臭を消したい!どうすればいい?

口臭は誰にでもあるものです。


しかしその臭いを感じる人とそうでない人との差はとても明らかです。


例えばデートや会議の時、エレベーターの中など他人と至近距離で話す時、自分の口臭が気になる人も多いのではないでしょうか。


では口臭を消すためには一体どうすればよいのでしょうか?


私たちの口の中は常に唾液で潤っていますが、この唾液には抗菌作用があるため口臭も抑えられています。


ところが起床時や空腹時、緊張時というのは唾液の分泌が少なくなっており、それゆえ細菌が増殖しやすい状態になっています。


そのため口臭が強くなると言われています。


これは言い換えれば、唾液をたくさん分泌させると口臭を予防することができると言えます。


唾液の分泌量を増やすためには水を飲んで口が乾かないようにしたり、ガムを噛むという方法が効果的です。


また歯磨きはしっかりと行い、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して食べ残しを徹底的に取り除くことも大切です。


それから意外と見落としがちですが、食べ残しは舌の上にもたくさんついておりそれが口臭の原因となっていることもあります。


そのため舌磨き専用のブラシを使うなどして舌の上についた食べ残しもきれいに取り除くことも口臭予防策となります。


唾液の分泌を促すには、うがいも効果的です。


そのまま水でうがいするのも良いですが、洗口剤を使って口をゆすげばお口の中がすっきりして口臭予防にもなりますのでさらに効果的です。


もっと簡単に口臭予防ができる方法として、スプーン1杯程度の砂糖をなめるという方法があります。砂糖のように甘い食べ物は唾液の分泌を促す効果があると言われています。


ただしなめ過ぎは禁物です。逆に虫歯など別の病気を引き起こしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。