子どもの「シーラント」はしたほうがいいの?

お子さんを歯医者さんに連れて行った時に、「シーラント」をすすめられることがあります。


虫歯でもないのにすべきなの?と思われる方もおられるでしょう。


そこで、「シーラント」とはどのようなもので、必要なのかどうかをご紹介していきます。


「シーラント」って何?


シーラントとは、奥歯の噛む面にある溝に、プラスチックを詰めることで虫歯になるのを防ぐ治療方法です。


大抵は、6歳臼歯と呼ばれる、6歳ごろに生えてくる奥歯に行われます。


溝の部分は、汚れが溜まりやすいため虫歯になりやすいので、虫歯予防にシーラントをすすめられることが多いでしょう。


シーラントっていったい何をするの?


シーラントは、まず、歯の溝の部分を清掃します。ブラシが付いた機械で綺麗にしていくので、削るわけではありません。


そして、乾燥させた溝に、シーラントを流し込みます。


その後、光をあてて固めるという過程です。


シーラントは、噛み合わせたり、歯磨きを毎日しているうちに取れてきてしまうことがあります。その場合は、また、詰め直すことが可能です。


また、シーラントをすれば絶対虫歯にならないというわけではありません。


噛む面は、シーラントで覆われているので虫歯になりにくいですが、側面や歯と歯の間からは虫歯になることがあるので、注意しましょう。


お子さんの虫歯予防に効果的なシーラントですから、大切な永久歯を守るために行っておきたい治療と言えます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。