子供にウーロン茶を飲ませていたら歯が茶色くなったけどどうすればよい?

子供にジュース等の甘い飲み物を与えていたら虫歯が心配ですよね。


そのため全く甘くないウーロン茶を飲ませて虫歯予防に気をつける親もたくさんいるでしょう。


しかしウーロン茶を飲ませていると歯が茶色くなることがあります。


こんな時どうすればよいのか?


子供の歯にも茶渋がつきます!

大人がコーヒーを飲むと歯が茶色っぽくなったり日本茶を飲むと茶渋がつくことがよくあります。乳歯(子供の歯)も例外ではなく歯の表面に茶渋がつき歯が茶色くなったように見えることがあります。

特にウーロン茶は歯の表面のタンパク質の膜にウーロン茶の茶渋がつきやすいようです。子供の歯に茶渋がよくつく場合はお茶類では日本茶・ウーロン茶よりも麦茶が比較的茶渋がつきにくいようです。

またウーロン茶よりも白湯(さゆ)を与えるようにすると、茶渋は全くつかなくなります。


研磨剤の入った歯磨き剤を使って茶渋を落としてみましょう

乳歯にウーロン茶等による茶渋がついてしまったら研磨剤入りの歯磨き剤を使って落とすことができます。

茶渋を取ろうと歯ブラシに直接つけて乳歯をゴシゴシ磨くのは止めてください。

乳歯は歯の一番上の層のエナメル質やその下の層の象牙質の厚さが薄いため傷がつきやすくなります。

ぬれたガーゼに研磨剤入りの歯磨き剤を少量取って指に巻いて汚れている部分を軽く磨けば取れてきます。

毎食後する必要はなく夜仕上げ磨きを行う時に一緒にするとよいでしょう。子供用の歯磨き剤は研磨剤が入っていない物が多いので歯医者さんやドラッグストアで相談してみるのがよいでしょう。


歯医者さんで専門的に茶渋を取ってもらうことができます

乳歯にウーロン茶等の茶渋がついて茶色くなった歯を歯医者さんで器械により専門的にクリーニングするPMTC(プロフェッショナル・メディカル・ツゥース・クリーニング)という方法があります。

PNTCは歯医者さんが専門的に行うクリーニングですので歯垢(プラーク)も一緒に除去することができ子供の虫歯予防につながります。

子供の歯の色が茶色くなって気になるようなら一度歯医者さんに相談することをおすすめします。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。