指しゃぶりは歯と関係あるの?

指しゃぶりをお子さんがしているので、歯並びを心配しておられませんか?


指しゃぶりは歯にどのような影響があるのか、いつまでにやめさせるべきなのかをご紹介していきます。


指しゃぶりは歯に様々な影響が出る


指しゃぶりは、出っ歯になったり、前歯で噛めなくなったり、話し方が舌足らずになったり、口呼吸になったりといった、非常に様々な影響が出てきます。


ですから、歯並びだけに影響が及ぶだけではなく、様々な弊害が出てきますので、指しゃぶりには注意が必要です。


何歳までにやめさせたら良いの?


指しゃぶりは1,2歳ごろまでは、するのが普通です。


ですから、そのぐらいの年齢の時までは、無理やりやめさせる必要はないとされています。


指しゃぶりをする習慣がずっとある場合は、4歳半から5歳ぐらいまでにはやめるとよいでしょう。


遅くても永久歯に生え変わるころにはやめさせるようにしてください。


「○歳になったらやめようね」とか、指をしゃぶっていなかったら褒める、寝るときに手をつないで指をしゃぶらないようにするなどの工夫をしてやめさせましょう。


幼稚園などに行くようになると、恥ずかしいため自然にやめるお子さんもおられます。もし、なかなかやめない場合は、小児歯科医などに相談してみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。