歯医者さんで撮るレントゲン写真で何がわかるの?

虫歯や歯ぐきの病気が気になって歯医者さんに行くと治療する前に必ず歯のレントゲン写真を撮られます。


このレントゲン写真で何がわかるのか知りたい人も多いようです。


そこで歯医者でレントゲン写真を撮ることで何がわかるのか紹介します。


レントゲン写真でわかることとは?


歯のレントゲン写真はいろいろな情報がわかる検査です。歯の治療を行う時には歯医者さんは必ず歯のレントゲン写真で歯の状態を確認します。


歯のレントゲン写真は歯の有益な情報をくれる検査だからです。


虫歯の状態・歯のまわりの骨の状態・歯の根の先の状態・詰め物や冠の状態・歯石の付着状態等々いろいろな情報がわかります。


歯の病気は骨に包まれた硬い組織の中の病気でありレントゲン写真に克明に写し出せれるのです。


歯のレントゲン写真の種類はいくつ?


お口の中のレントゲン写真にはパノラマ撮影とデンタル写真撮影があります。


パノラマ撮影は顔のまわりを器械が回る方法で1枚の大きなパノラマ写真を撮ります。 


このパノラマ写真では主にアゴの骨の状態や関節の状態・親知らずの位置や全体的な歯ぐきの状態が確認できます。


一方デンタル写真は小さなフィルムをお口の中に入れて歯の写真を撮る方法です。


このデンタル写真では1本1本の歯の詳しい状態が確認できます。


虫歯の進行の状態・歯と歯の間の虫歯の状態・歯の根の先の状態・歯を支えている歯ぐきの中の骨(歯槽骨)の状態等です。


歯医者さんは知りたい情報によってパノラマ写真かデンタル写真かを選択します。


パノラマ写真を撮って全体を確認し細かい情報をデンタル写真も撮って確認するということもよくあります。


歯のレントゲン写真撮影時は必ず放射線防護をします!


歯のレントゲン写真を撮る時に放射線の被曝を気にする方もいます。


確かにお口の中に入れて撮影するデンタル写真は皮膚近くから照射しますので線量が気になるところです。


歯医者さんではどのレントゲン写真の撮影の時も必ず放射線防護のための鉛の入ったエプロンをします。


このエプロンをすれば肩から下の体が被曝することはありません。また最近では被曝量の少ないデンタルX線も普及しています。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。