生え始めた永久歯が黄ばんでるけど大丈夫?

子供が永久歯(大人の歯)が生えてきた時、少し黄ばんでる感じがしたことはありませんか?


特に子供の永久歯の前歯が黄ばんでいたら気になりますよね。


生え始めた永久歯が黄ばんでいても大丈夫なのかについて紹介します。

永久歯(大人の歯)は乳歯(子供の歯)より少し黄色っぽい!

乳歯は透明感のある乳白色をしています。一方で永久歯は乳歯より少し黄色っぽい色をしています。

また日本人は黄色人種ですのでもともと永久歯の色が少し黄色っぽい色をしています。さらに個人差もあります。

ただ生えたばかりの永久歯はまだ高さが低いため歯垢(プラーク)もつきやすくなっています。歯垢(プラーク)が永久歯についているため黄ばんで見えることもありますので気をつけてください。

虫歯もなく歯もきれいにしているのに少し黄色っぽい色をしてるなら自然の色ですので問題ありません。


子供の歯にも茶渋はつきます!

子供でもお茶をよく飲む子供には歯に茶渋がつきます。特にウーロン茶をよく飲む子供に茶渋がついていることが多いようです。

この時は研磨剤の入ったフッ素入りの歯磨き剤で歯磨きするときれいに取れてきます。

最近の歯磨き剤は品質が良いので研磨剤が入っていても歯の一番上の層のエナメル質を傷めることはあまりありません。

乳歯でも永久歯でも茶渋はつきますので研磨剤の入ったフッ素入り歯磨き剤で歯を磨くことできれいになります。


あまり気になるようなら歯医者さんに相談を!

生え始めた永久歯が黄色っぽい色をしていてあまり気になるようなら歯医者さんで相談してみましょう。

茶渋や歯垢(プラーク)がついていれば歯医者さんでは専門的に行うPTC(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)をしてくれます。

これは歯医者さんが行う専用器具を使った本格的クリーニングのことです。それでもあまり変わらないようなら本来の歯の色と思ってよいでしょう。


どうしても歯を白くしたいのであればホワイトニングがオススメです。ホワイトニングに関してはこちらのサイトを参考にすると良いですよ。

⇒ 歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉がコチラ!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。