痛くない歯を削ったら痛くなったけどどうして?

虫歯で歯医者さんに行って歯を削る治療を受けたら痛くない歯が痛みだしたりしみ出したりしたという経験はありませんか?


歯医者さんに行って虫歯を治療してもらっているのにこれでは納得いかないですよね。


どうして痛くない歯を削ったら痛くなったのか紹介するので参考にしてみてください。


意外に深くまで悪くなっている可能性があります


軽い痛みを感じて歯医者さんに行って治療をうけた場合に意外に深くまで虫歯が進行している時があります。


何らかの痛みがあって歯医者さんで治療を受ける時はほぼ間違いなく歯を削ることになります。


虫歯は表面のエナメル質では小さく見えてもその下の層の象牙質では大きな虫歯になっていることがよくあるからです。


象牙質は歯の神経(歯髄)のすぐ上の層ですので痛みを感じてしまうのです。


痛くない歯を削って痛くなったのはなぜ?


虫歯で歯医者さんで治療をしてかぶせたり(クラウン)金属を埋め込んだり(インレー)した後に歯が痛み始めることがあります。


歯の神経(歯髄)の生きている歯であれば削る前は痛くなかったのに治療で歯を削ったら痛くなってしまうことがあります。


歯を削ると歯の神経(歯髄)はひどいストレレスを受けています。さらに歯を削ると象牙質はむき出しの状態になっています。


歯の治療後に歯が痛む場合は歯の神経(歯髄)を守る処置がうまくできていないか象牙質がむき出しになっていることが考えられます。


またコンポジットレジン等のプラスチックを詰める場合は使う材料によっては歯の神経(歯髄)が刺激を受けて痛むこともあります。


治療が終わっても冷たいものがしみる状態が続く時は詰め物の不良が原因と考えられます。治療直後は痛んでいても徐々に痛みが引いていくようなら大丈夫です。


もしいつまでも痛みが続くようなら再治療が必要な場合がありますので歯医者さんに相談してみましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。