虫歯になったらどうして歯を削るの?

虫歯になったらその悪くなった部分の歯を削ります。


歯を削ってその代わりになる詰め物や冠をかぶせるというのは常識ですよね。


ではどうして歯を削るのでしょうか?


実は虫歯になってしまった組織を除去する以外でも歯を削ります


虫歯になって細菌の巣になってしまった組織を除去するために歯を削ります。


歯は硬いエナメル質でおおわれていますのでダイヤモンドバーというヤスリのようなもので削ります。


この他以外の目的でも歯を削りますので紹介します。


金属の詰め物をするために歯を削ります


少し大きな虫歯やかみ合わせの部分が虫歯の時は金属等の硬い材質で修理をしなければなりません。そのために深く特別な形に歯を削ります。


特に金属と歯の境目から虫歯が再発しやすいので虫歯になりそうなところも一緒に削ってしまいます。


そのため虫歯でダメになった部分が小さくても歯を削る部分はそれなりの大きさになります。


冠をかぶせて形を回復するために歯を削ります


虫歯のためにかみ合わせの部分がなくなっている場合にはその部分を回復するために冠をつくってかぶせます。


この冠は強度が必要なためある程度の厚みがないといけません。そのために土台になる歯を冠をかぶせられる大きさまで削っていきます。


かぶせて外見をよくするために歯を削ります


特に前歯が虫歯の場合は人工の歯をかぶせて外見をよくしないといけません。


前歯の外見をよくするかぶせものはいろいろな種類がありますが総じてかぶせものの厚みが厚くなりますので歯をかなり小さく削ることになります。


歯を削る量が少ないとかぶせる歯のふくらみが大きくなり取れやすくなったり歯ぐきが汚れやすくなってしまいます。


ブリッジを支えるために歯を削ります


虫歯で歯を抜いてしまうとその場所を人工の歯で補わなければいけません。


そのために抜いた歯の両隣りの歯を削ってそれぞれ冠をかぶせて抜いた歯の部分もつないだブリッジというものを装着します。


ブリッジは土台になる歯が精密に平行でなければ入りませんので土台の歯をかなり削ることになります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。