虫歯の治療に一番いい材料は?

虫歯になって歯の治療をして詰め物をしたり冠をかぶせたりする時はなるべくいい材料を使いたいですよね。


歯の修理に一番いい材料はどんな材料なのか紹介します。


歯の治療を行う時の参考にして見てください。


良い材料は健康保険がきかないの?


歯の修理(詰め物をしたり冠をかぶせる等)をする時は自分の思うようなものを入れようとすると健康保険がきかないという場合があります。


どんな材料でも健康保険がきけばよいのですが歯科の場合はそのようにはなっていません。


たとえば貴金属(金)等は健康保険はききません。


奥歯に冠をかぶせる場合は歯と同じように白くしようとしてセラミックを使おうとするとやはり健康保険内ではできません。


奥歯に冠をかぶせる時は健康保険では金属だけになり白くすることはできません。
(大臼歯(奥歯の2本 親知らずを除く)場合)


規則上は健康保険で使える材料は比較的安い材料に限定されているようです。


どの材料にも長所・短所があります


健康保険のきかない材料の金は錆びない・やわらかい・よくのびて歯との間にすきまができない等の長所がたくさんあります。


しかし歯は白いため最近では見た目が重視され金の金属色は嫌われるようになってきました。


またやはり健康保険のきかないセラミックは歯と同じような透明できれいな色が再現でき汚れにくく錆びないという長所がありますが割れやすいという欠点があります。


一方で健康保険のきくプラスチックは安い材料ですが最近強度が増し以前のようには割れにくくなり接着性もよくなってきました。


しかし白い色をしていますが歯と同じような透明感は出せないという欠点があります。


このようにどの材料にも一長一短がありどの材料が一番いいとは一概にいえないのが現状です。


ただ金属アレルギーのある人はわずかな金属でも大きな問題となるため使った材料には細心の注意が必用となってきます。


一般的に錆びやすい健康保険内で使える材料のニッケルクロムやコバルトクロム等が原因になっていることが多いです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。