1歳になるのに歯が生えてこないけど大丈夫?

他の子供は歯が生えているのにうちの子だけ1歳になっても歯が生えてこなかったら心配ですよね。


「どこか体の発達・発育が遅れているのでは?」と悩んで不安になってしまいます。


1歳になるのに歯が生えてこなくても大丈夫なのかについて書いているので参考にして見て下さい。


初めて歯が生える時期は子供によって違います!

一般的には下の前歯2本が生後6カ月くらいで初めて生えてきます。その後上の前歯2本が生え1歳くらいで前歯2本をはさんでその両側の前歯が上下左右生えて合計8本くらいになります。

しかしこの歯が生える時期は子供によってずいぶん違ってきます。歯のもとは生まれた時から子供の歯ぐきの中で育っています。

体の発育や発達が順調ならば後は歯がいつ顏をのぞかせるかということだけになります。


歯が生える時期と発育・発達はあまり関係無い?


歯が早く生えたから体の発育・発達がよいということはありませんし歯が生えるのが遅いから体の発達・発育が遅れているということはありません。

子供にはその子なりの成長の仕方があります。子供の健康に問題がなければあまり歯の生える時期に神経質になる必要はありません。


心配なら歯医者さんでレントゲン写真を!

1歳を過ぎても歯が生えてこなくてもだいたい1歳半くらいまでは様子をみましょう。

1歳半過ぎても全く歯が生えてこない時は一度歯医者さんに相談して歯ぐきの状態を調べてもらったりレントゲン写真を撮ってもらうと良いですよ。

レントゲン写真では歯ぐきの中にある歯もしっかり写りますので歯がちゃんとあるかどうか確かめることができます。

歯がレントゲン写真で異常があったり全く歯がなかったりすればその他の障害をもっていることもまれにありますので歯医者さんにしっかり説明してもらってください。

⇒ 歯がなくても虫歯予防をしたほうが良い理由とは!?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。