子どもの歯並びに関すること

子どもの歯並びを良くするために気をつけることは?
子供の歯並びはなるべく良くしてあげたいですよね。 特に小学校の時期は乳歯(子供の歯)から永久歯(大人の歯)へ生え変わる大事な時期で永久歯の歯並びをキレイにするためには特に注意する必要があります。 子どもの歯並びを悪くしないための注意点を紹介
子どもの歯や歯並びは体全体に影響します!
子どものお口の中の歯や歯並びは限定的であまり体全体にまで影響しない気がしますよね。 でも歯並びっていろんなことに影響します。 子どもの歯や歯並びが体全体にどのように影響するのか紹介するので参考にしてみて下さい。 健康な歯でよくかむ
子どものこんな歯並びはNG!
子供の歯並びはとても気になりますよね。 「もしかしたら不正咬合(ふせいこうごう)かも?」と思ったら矯正歯科を受診することをおすすめします。 専門家でないと実際に矯正が必要かどうか判断つきかねることが多いようです。 ほっておくと悪い
子どもの歯並びが悪いのは遺伝が原因?歯並びを良くするためには?
子供が歯並びが悪いと親の遺伝のせい?と不安になりますよね。 確かに遺伝によって歯並びが悪くなってしまうこともあります。 でもそれ以外にも様々な要因があります。 歯並びが悪くなってしまう理由とどうしたら永久歯の歯並びを良くすることが
子供の歯並びが悪いと何がいけないの?
子供の歯並びが悪いとまず見た目がよくないですよね。 さらにもともと「物を食べる」ためにある歯の並びが悪いと上下の歯がかみ合わず「物を食べる」ことに支障がでてきます。 そのほかにも子供の歯並びが悪いことで問題がおこります。 そのこと
子供の歯並びとあごの骨は関係あるって本当?
美しい歯並びはなんと0歳の時から作られます。 こういうと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 それは子供の歯並びにはあごの骨の成長が大きく関係してくるからなのです。 子供の歯並びとあごの骨の関係について紹介します。 乳歯
子どもの歯並びをよくするためには離乳食が大切!
子供の歯並びをよくするためにはあごの骨の成長が大切になってきます。 あごの骨を成長させるためには赤ちゃんのころから『しっかり噛む』ようにしていくことが重要です。 子供の歯並びをよくするための離乳食の役割について紹介するので参考にして見て下さ
子供の歯並びをよくするための離乳食の進め方は?
子供の歯並びをよくするためには咀しゃく力をつけてあごの骨を成長させることが必要です。 離乳食は咀しゃく力を育てるトレーニングです。 子供の歯並びをよくするための離乳食の進め方について紹介するので参考にして見て下さい。 なぜ咀しゃく
子供の歯並びをよくするためかむ力を育てるにはどうしたらよい?
噛むことは練習していくとだんだんと上手になってきます。 子供の歯並びをよくするためには「よくかむ」ことは必要不可欠です。 子供の歯並びをよくするためかむ力を育てるにはどうしたらよいのか紹介しているので参考にして見て下さい。 かむ(
子供の歯並びに影響を与えるくせは?
子供のあごが大きく育っていることはよい歯並びの第一歩です。 子供の成長過程ではまだ骨も成長していてちょっとしたくせが子供の歯並びに大きな影響を与える場合があります。 子供の歯並びに影響を与えるくせについて書いているので参考にしてみて下さい。
| 1 | 2 | 3 | 次ページ >>