子供が切端咬合と言われたけど切端咬合って何?

子供が歯科検診等で歯医者さんから「切端咬合(せったんこうごう)です。」と言われたら、びっくりして心配になりますよね。


「切端咬合」とは何なのか?治療は必要なのか?紹介していきます。


上下の前歯の切端同士が接触するかみ合わせが「切端咬合」です。


普通はかみ合わせる時は上の前歯の裏側に下の前歯があたる位置にきます。切端咬合は上下の前歯の先端同士が接触するようなかみ合わせのことをいいます。


「反対咬合(受け口)」というかみ合わせがありますがこれは上の前歯が完全に下の前歯の裏側に触れるような位置でかみ合わせる場合をいいます。


ですから「切端咬合」は「反対咬合(受け口)」ほどひどくありませんが普通のかみ合わせよりも反対咬合(受け口)の傾向があるかみ合わせということになります。


特に1~3歳くらいまでの子供は、奥歯の発達が十分ではないために、かみ合わせが不安定です。そのためこの時期の子供は、下あごを突き出すようにすることが多くなります。


奥歯が完全に生えそろう3歳以降まで様子をみてもよいでしょう。


乳歯が切端咬合の時の治療は何をするの?


3歳ころになると奥歯が生えそろいかみ合わせも決まってきます。3才児健診の歯科検診で切端咬合を指摘されることが多いです。


しかしまだ3歳くらいではあごの骨が成長途中なので自然に治ってくることもあります。心配なら小児歯科か矯正歯科を受診して一度きちんと診てもらいましょう。


その結果切端咬合と診断されても多くの場合治療が始まるのは前歯の上下4本が永久歯に生え変わってからです。


本格矯正になると歯にブラケットという装置をつけてワイヤーを通し、歯を正しい位置に移動させる方法をとります。


矯正の時期も長くかかります。乳歯の時期の切端咬合は注意しながら経過観察するのでよいでしょう。


歯並びが悪いと何かデメリットがあるの?


日本人は欧米に比べるとあまり歯並びを気にしない傾向にあります。


実は歯並びが悪いとデメリットがあります。


虫歯になりやすい!


歯並びが悪いと歯磨きがきちんとできないため歯と歯の隙間に歯垢がたまりやすく虫歯になりやすいのです。


その歯並びを良くするために歯の矯正をやっているのに歯の矯正をやっていると歯磨きがうまくできないために虫歯になってしまう人も多いのです。


最近の研究で虫歯菌を除去する成分があるというのがわかりました。


その成分を持って生まれた人たちは歯を磨かななくてもその成分が虫歯菌をやっつけてくれるため虫歯にならないのです。


その成分を世界で初めて歯磨き粉に取り入れた虫歯菌除去歯磨き粉が今注目を浴びています。





小さな赤ちゃんから大人まで使えますし今ならお試しキャンペーンで返金保証付きで試すことができるので実質無料で試すチャンスですね。


実際に使ったら・・・驚きの結果が( ̄ー ̄)ニヤリ

⇒ 虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉ブリアンってどうなの?



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。