子供の歯並びが悪いと何がいけないの?

子供の歯並びが悪いとまず見た目がよくないですよね。


さらにもともと「物を食べる」ためにある歯の並びが悪いと上下の歯がかみ合わず「物を食べる」ことに支障がでてきます。


そのほかにも子供の歯並びが悪いことで問題がおこります。


そのことについて書いているので参考にしてみて下さい。


虫歯や歯ぐきの病気になりやすくなります

子供の歯並びが悪いと歯垢(プラーク)がつきやすくなります。子供のお口の中は正常にだ液が分泌されて自然に歯についた汚れを落としています。

しかし歯並びが悪いとだ液がお口の中でうまく流れていきません。また歯並びが悪いとデコボコした部分に歯ブラシが届きにくくなってしまい磨き残しが多くでてきます。

そのため歯垢がつきやすくなり虫歯や歯ぐきの病気になりやすくなります。


かむ力が弱くなります

子供の歯並びが悪いと上下のかみ合わせにすき間ができたりして充分に咀嚼(そしゃく)できなくなります。

その結果よくかまないで丸飲みする習慣がついてしまいます。またかみ合う歯だけに負担がかかりすぎてその歯だけ弱ってくるということも起こってきます。


発音に問題が起こります

子供の歯並びが悪いと発音が不明瞭になり問題が起こってきます。正しい発音ができずに聞き取りにくくなってしまいます。また空気が抜けてサ行がうまく発音できない場合もでてきます。


骨格に問題が起こります

上下の奥歯が左右にずれていたり上の奥歯と下の奥歯がすれ違っていたりすると顔のバランスが崩れ左右非対称になります。

また下あごが極端に後ろに下がっていると下あごに負担がかかりすぎて顎関節症(がくかんせつしょう)になったりします。


見た目がわるくコンプレックスを持ちます

子供の歯並びが悪いと大きくお口を開けて笑わなくなったりお口に手をあてしまったりする癖がついてしまいます。

子供がコンプレックスを持ちその後の対人関係にも影響を与えます。


子どもの歯並びを良くするためには乳歯の時から虫歯にさせないことがとても大切です。詳しくはこちらに書いているので参考にしてみてはいかがでしょう。

⇒ 乳歯の虫歯がもたらす影響って?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。