子供の歯並びに姿勢が影響するって本当?

子供がどのような姿勢で食事をするのかや遊びの時の姿勢によって噛む力は変わってきます。


かむ力は歯並びにも影響します。


子供の歯並びに姿勢がどのように影響するのかについて書いているので参考にしてみて下さい。


毎日の食事の時の姿勢は大切です!


食事は毎日のことですから食事の時の姿勢はとても大切です。

例えばいすに座って食事する場合は子供の足がしっかり床やステップ台についているかチェックしてみてください。


足がブラブラしていなくてしっかりついているようならかむ力が強くなり結果歯並びもよくなります。


子供用のいすを使う場合はスッテップがついていますがしっかり足がつかないようならステップにタイル等を巻いて足がつくよう工夫しましょう。


また大人用のいすに座らせる場合は足置き台を用意して足をしっかりつけて食事させるようにしてください。


たたみに座布団をしいて食事する時は正座しましょう!


たたみに座布団をしいて食事する場合はきちんと正座して食事するようにしてください。


横座りや足を伸ばして食事すると体がどちらかに傾いてしまいかみ方が片寄ってしまいます。


片かみになると交叉咬合(こうさこうごう)といって片方にずれたかみ合いになってしまったり顎関節症になったりします。


正座することができないなら補助用の正座いすを使ってみてください。


遊びの時の姿勢にも気をつけましょう!


子供がゲームやパソコン等で遊ぶ時は猫背にならないよう注意しましょう。またテレビを横向きで見たり食事中にテレビをみるのも気をつけてください。


テレビが気になってそちらの方ばかり見るため片かみになって不正咬合(ふせいこうごう)の原因になります。


遊ぶ時の姿勢は歯並びに影響します。子供は外で思いっきり体を動かして遊べば悪い姿勢になることもなく歯並びにも影響ありません。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。