子供の歯並びをよくするのに和食が良い!その理由とは?

子供の歯のためには洋食と和食のどちらのメニューがよいのでしょうか?


子育て中はどうしても子供の好きなメニューに偏ってしまいますよね。


でも実は子供の歯並びを良くするためには和食が良いって知ってますか?その理由について紹介します。


なぜ和食が歯並びを良くするの?


朝ごはんに和食を食べる子供はあごの発育が良くなります。


子供に人気のメニューと言えば『カレーライス』『ハンバーグ』『ハンバーガー』等の洋食系のやわらかいメニュー。


しかしあごがよく発達し歯並びによいのは実は和食なのです。特に朝ごはんを和食にするとあごの発育がよくなるという結果が出ています。


あごの発育のよい子供の朝ごはんは「ご飯・お味噌汁・野菜を使った2種類のおかず」でした。


反対にあごの発育が悪いのは「ロールパン・デザート」という火も野菜も使わない洋食系メニューでした。


和食の定番メニューは噛む回数が増える!


和食メニューではご飯やみそ汁や根菜類等を使ったおかずやおひたし・煮びたし・干物等がかむ回数が多くなる定番メニューです。


食材ではゴボウやニンジン等の食物繊維の多い根菜類、ひじきや切り干し大根等の乾物、小魚等が、かむ回数が多くなります。


では洋食系はダメかというとそうではなく、パン食ならトーストにしてかみ応えを多くしたり生野菜サラダを添えてかむ回数を増やしていく等工夫すれば大丈夫です。


子供によっては朝寝坊するので朝ごはんで和食を食べる時間が取れないという子供もいるでしょう。


このような場合は早寝早起きの生活リズムの見直しが大切です。


お母さんも和食は手間がかかりますが子供の歯並びのためと考えてできれば和食中心の食生活にして欲しいです。


和食中心にしてかむ回数が増えるとあごの発育がよくなりだ液も増えます


子供が和食中心の食事になるとかむ回数が増えます。かむ回数が増えるとあごが発達しますので歯並びがよくなります。


よくかむと「だ液が増える」という利点も!


だ液には食べ物の消化吸収を助けるだけでなく歯を掃除して丈夫にするという働きもあります。


唾液が増えると虫歯予防にも効果的です。子供が和食中心の食事でしっかりかめるようにしてあげしましょう。
 

話題の虫歯予防歯磨き粉を実際に使ってみた!すると予想外のことが


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。