フッ素は本当に子供の虫歯予防に効果があるの?

「フッ素が虫歯予防に良い」とよく聞きますよね。


歯磨き粉にもよく含まれていますし歯科医院でフッ素を塗りましょうとすすめられます。


ではフッ素は実のところ子供の虫歯予防に効果的なのか気になりますよね。


中にはフッ素は体に毒と言う方もいらっしゃいます。


いったいどっちが本当なのか?フッ素について書いているので参考にしてみて下さい。


フッ素の効果とは?

フッ素には子供にも大人にも以下のような効果があります。

歯の表面の一番上のエナメル質に作用し虫歯菌(ミュータンス菌)が出す酸に対して強くなる

フッ素が歯垢に入ると虫歯菌の出す酸の量や活発に動くのを抑えてくれる

エナメル質が溶け出す脱灰という初期の虫歯の状態にフッ素を塗ると再石灰化という自然治癒を促してくれる


適量を使えば安全

フッ素は一度に大量に飲めば中毒を起こす危険がありますが適量を使う分には問題ありません。

子供の1回の歯磨き粉の量は約30mgです。1日2回歯磨きをしても60mgです。

これはアメリカの環境庁の体重10kgの子供が飲み込んでも安全と規定している量の10分の1です。

外国では水道水にフッ素を入れて虫歯予防を行なっている国もあるほどです。ですから歯磨きで使う程度のフッ素の量は体に害はなく安心して使えます。


低濃度のフッ素入り歯磨き粉を毎日使う

毎日の歯磨きでフッ素入りの歯磨き粉を使用することで子供の虫歯予防をすることができます。

ジェルタイプやスプレータイプなど様々な種類のものがありますから子供の年齢に合わせてご使用ください。

また歯医者さんで塗布するフッ素は高濃度ですが定期的に塗布することで虫歯予防になりますから定期健診の際に医師に相談し塗布されるのも良いかもしれません。


中にはそれでもやっぱりフッ素は使いたくないというお母さんもいらっしゃると思います。でも子供の虫歯は予防したい・・・。


そんなお母さん達の間で今評判になっているのが虫歯菌そのものを除菌してくれる成分が入っている歯磨き粉です。


詳しくはこちらに書いているので参考にしてみると良いですよ。

⇒ 虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉ってどうなの?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。