乳歯にすき間が開いているけど大丈夫?

乳歯(子供の歯)は生後6カ月くらいから生え始め2歳半~3歳くらいには生えそろいます。


この乳歯が生えそろったころから乳歯にすき間が開いてきますが大丈夫なのか不安になりますよね。


乳歯に隙間があるとどうなるのかについて書いていますので参考にしてみて下さい。


乳歯にすき間があったほうが永久歯はきれいに生える?

乳歯が生えてくる期間は赤ちゃんから幼児へと身体も著しく発達します。さらに乳歯が生えそろう2歳半~3歳が過ぎても子供の身体はどんどん成長していきます。

当然あごの骨も発達していきます。

永久歯(大人の歯)は乳歯の約1.2~1.5倍の大きさです。永久歯は6歳くらいに乳歯の一番後ろに、まず6歳臼歯という奥歯が生え、次に真ん中の前歯から生え変わっていきます。

この6歳くらいまでの間にあごの骨がうまく発達していると、乳歯は歯と歯との間にすき間ができています。

前歯は今までの乳歯の位置に1.2~1.5倍の永久歯が生えてくるのですから、乳歯にすき間が開いていないと、永久歯はきれいに生えてきません。

大きな永久歯のスペースづくりができていないとかえって問題なのです。しかし乳歯にあまり大きなすき間がある時は、歯の数の異常や上唇小帯(じょうしんしょうたい 上唇の内側の真ん中にあるひだのようなもの)の異常等、いろいろな原因が考えられます。

あまりすき間が開き過ぎて心配なら一度歯医者さんに相談してみるのがよいでしょう。


乳歯がすき間なくびっしりと生えているほうが問題!

6歳くらいになっても、すき間はなくきれいにびっしりと乳歯が生えていると、かえって問題です。これは、あごの成長が充分でないため、乳歯の歯と歯のあいだにすき間ができなかったせいです。

すき間ができていないと、永久歯が出てきた時、デコボコの歯並びになってしまいます。このようにならないように、しっかりお腹をすかせるよう心がけて、歯の生え具合にあった大きさやかたさの食事で、しっかりかむようにしましょう。

食物繊維を多く含む野菜や海藻類等を多く取り入れて、子供のあごが成長するよう促しましょう。


虫歯予防に関しても書いているのでそちらの記事も参考にすると良いですよ。永久歯の歯並びを良くするには乳歯を虫歯にさせないことはとても大切ですよ。

⇒ 実際に私が子どもにやってる虫歯予防の方法がコチラ


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。