乳歯の虫歯がもたらす影響って?

人間の歯は子どもの歯である乳歯から大人の歯の永久歯へと生え変わる仕組みになっています。


ということはどうせ抜けるなら乳歯が虫歯になっても治療しなくても良いのでしょうか?


乳歯が虫歯になることでどのような影響があるのか見ていきましょう。


虫歯菌が増えてしまう!


乳歯が虫歯になっているということはお口の中に虫歯菌(ミュータンス菌)が存在しています。そして虫歯を放置すれば虫歯菌は増えていきます。


生え変わりの時期に虫歯の乳歯が抜けたとしてもお口の中の虫歯菌は生きているため永久歯は虫歯菌が住んでいるお口の中に生えてきます。


そしてご存知の通り歯は少しずつ頭を出します。


この少し頭を出した部分が虫歯菌に侵されやすい状況になってしまうということです。そうなると歯全体が出た時点ですでに虫歯になっている可能性もあります。


また虫歯で抜けてしまった乳歯の後に生えてくる永久歯は強度的に弱くなり虫歯になりやすいという悪循環を生み出します。


歯並びが悪くなる!


永久歯の生えるタイミングとして一番良いのは乳歯がギリギリまで残っていることです。


あまり抜けるのが遅すぎるのもよくありませんが乳歯の根が吸収されて自然と永久歯に生え変わるのが理想的です。


でも乳歯の虫歯がひどくて抜かなければならなくなったり抜けてしまったりすると永久歯の準備ができないうちに歯が無くなりスペースができてしまいます。


歯は動くものですからスペースができると両側の乳歯や永久歯が寄ってきます。


そうなると生える準備をしていた永久歯が伸びてきたころにはスペースが無くなり重なってしまったり曲がってしまって歯並びが悪くなります。


これは見た目だけの問題ではなく歯並びが悪いと歯磨きがしにくく虫歯になりやすくなってしまいます。乳歯の虫歯も早めに治療をし永久歯に影響を及ぼさないように気を付けましょう。


この虫歯菌を除去する成分が含まれている歯磨き粉が今注目を浴びています。この歯磨き粉を使えば効率よく虫歯予防が可能なのです。


しかも飲んでも食べても大丈夫なので安心です。実際に子どもに使って検証してみたのでそちらも参考にしてみて下さい。

⇒ 虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉の効果ってどうなの?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。