子どもの虫歯はどんなふうに進行して悪化するのか?

乳歯(子供の歯)は永久歯(大人の歯)より小さく表面の構造も未熟です。


エナメル質(歯の一番上の層)やその下の象牙質の厚さは永久歯(大人の歯)の1/2です。


ですからいったん虫歯ができるとあっという間に進んでしまいます。


子どもの虫歯はどんなふうに進行するのかについて書いているので参考にして早期の虫歯対策をして下さいね。


子どもの虫歯の始まりは観察が必要

子どもの虫歯の初期の段階は表面が浅く溶けた状態です。表面が白く濁ったり溝の部分が茶色くなってきます。

見た目にはあまりわかりませんので歯医者さんに行って始めて気がつく場合が多いです。この時点では特に治療はせずに経過観察します。


エナメル質に小さな虫歯ができます

エナメル質(歯の一番上の)が溶けた状態です。自覚症状はなくもちろん痛みもありません。

歯磨きをしっかりすれば進行をくい止められますが歯医者さんで治療を受けたほうが安心です。治療はほぼ1日で終わります。


象牙質まで進むとお水がしみてきます

子どもの歯の虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進み見た目も穴が開いているのがわかります。ここまでくるとお水がしみてきます。

穴が小さいように見えても乳歯の象牙質は軟らかいので穴の奥で虫歯が広がっている場合もあります。すぐに歯医者さんで治療をしてもらってください。


歯の神経まで虫歯が進むと痛みがでます

子どもの虫歯が歯の神経(歯髄)まで進み食事の時ひどくしみたり痛みが出たりします。歯の神経(歯髄)が化膿して夜突然痛み出すこともあります。

ここまで悪化するとすぐに歯医者さんを受診してください。

乳歯の虫歯だからと絶対にそのままほうっておかないようにしてください。永久歯の生え方に影響してきます。


子供の歯を残せないくらい虫歯が進行

歯の神経(歯髄)が腐り歯の根の周りに膿がたまり歯ぐきが腫れることもあります。この歯で食べ物をかむことができなくなり歯を抜いてしまうケースも多いです。

永久歯の歯質にも影響を与える可能性が大きくかなり重症です。


こうならないためにも子どもの虫歯予防はとても大切です。だからこそ虫歯菌そのものを取り除いてくれる歯磨き粉が注目されているのでしょう。


実際に子どもに使って本当に効果があるのか検証した記事も書いているので参考にしてみて下さい。

⇒ 虫歯菌を除去する歯磨き粉は本当に効果があるのか?実際に使って検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。