子供が虫歯になりやすいのはなぜ?

大人に比べて子供の方が虫歯になりやすいように感じます。


お菓子をよく食べるせいだと思われますか?


では子供が虫歯になるのはなぜなのかについて説明します。


虫歯になる4つの条件


子供も大人も虫歯になるのは4つの条件がそろった時です。「虫歯菌(ミュータンス菌)」「糖分」「環境」「時間」の4つです。


まずお口の中に虫歯菌を受け入れる環境(歯)がありその歯の表面に住み着いた虫歯菌が糖分をエサとします。


そして一定の時間が経つと虫歯になるのです。


また清浄作用のある唾液が少なくお口の中がネバネバしていると虫歯になりやすいです。ですから唾液の質と量も関係していると言えます。


虫歯ができる仕組み


どのように虫歯菌が虫歯になっていくのでしょうか。

お口の中に存在する虫歯菌が食べ物の中から糖分をエサとして取り込みます。

虫歯菌はネバネバ物質を出して歯垢(プラーク)という虫歯菌の住みかを作ります。

そして歯垢の中に虫歯菌が酸を作り出します。

その酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かしていくため虫歯になります。


子供の歯を虫歯から守るには?

基本的に大切なのはやはり丁寧な歯磨きです。お口の中に糖分を残して虫歯菌が活発にならないよう磨き残しがないようにしっかり磨きましょう。


そして虫歯菌のエサとなる糖分を摂り過ぎないようにします。


お菓子をだらだらと食べ続けているとお口の中が常に糖分があります。おやつの時間を決めて食べたら歯を磨くと良いでしょう。


虫歯になる理由は1つではないので虫歯の条件を作り出さないように様々な方法で虫歯に気を付けましょう。


実際にわたしが子供にやってる虫歯予防方法も書いているので参考にしてみると良いですよ。今注目されているのが虫歯菌そのものを除去する方法です。

⇒ 虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉ってどうなの?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。