子供の虫歯と体質との関係性

時々、お母さんたちの中に「私に虫歯が多いので、子供にも体質が遺伝して、虫歯になった」と言われる方がいます。


本当に子供の虫歯と体質は関係があるのでしょうか。


免疫能力や、唾液の性質の遺伝


確かに、遺伝が原因で虫歯になる可能性が高まることもあります。


虫歯菌(ミュータンス菌)などの細菌に対しての免疫能力が低いという体質が遺伝した場合、虫歯になりやすいかもしれません。


また、唾液の性質が遺伝することもありますが、唾液の質が粘着性なら、虫歯になりやすいです。


さらには、顔や骨格が親に似て、歯並びが悪くなり、歯磨きがうまくできないと虫歯になることもあります。


子供が虫歯になりやすい条件と環境


体質の遺伝だけで虫歯になるわけではなく「虫歯菌」「糖分」「時間」「唾液の質や量」などの条件や環境により、虫歯は作られます。

虫歯菌(ミュータンス菌)

虫歯菌が吐き出す酸により歯が溶かされ、虫歯ができます。

糖分

お菓子に含まれている甘い成分だけでなく、ご飯やパンなどの食物はお口の名で糖質に分解されます。この糖分を栄養として虫歯菌が元気になってしまいます。

時間

お口の中にどれくらいの時間、食べ物が入っているかが、カギとなります。常に、飴をなめていたり、おやつを食べ続けていたりして、長時間お口の中に入っていると、虫歯になりやすいです。

唾液の質や量
唾液は清浄作用がありますから、量が少なければ、虫歯になりやすいです。子供の虫歯は、体質だけの問題ではなく、様々な条件や環境のもとに作られるものです。


子どもの虫歯を予防するというのは本当に大変です。


そんなお母さん達の願いを叶えてくれると今注目の歯磨き粉があります。実際に私自身も子どもに使ってますが思ってたよりも良い感じです。


実際に使って感じたことも書いているのでそちらの記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

⇒ 虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉ってどうなの?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。