子供の虫歯は飴が原因?虫歯を繰り返さない為には?

口の中は通常中性に近い弱酸性です。


食べ物を食べると口の中はだんだんと酸性になっていきます。


特に甘いもの飴などを食べるとより酸性に近付いていきます。


ですから、飴を食べただけでは虫歯になりませんが、甘いものを長い時間かけて食べることによって虫歯になってしまいます。


虫歯は、虫歯菌が糖分を摂取してが増殖すると虫歯になります。


飴を食べるときはできるだけ短時間で食べるように心がけ、食べた後はきちんと歯磨きをすることが大切です。


子どもの虫歯を繰り返さない為には?


よくお母さんたちから聞くのは、「子供が泣き止まないから甘い飲み物を与えている」と言う事です。


確かに子どもは甘いものを与えると泣き止むことがありますが、与え過ぎると虫歯を繰り返してしまいます。


また、歯が生えてから哺乳瓶で糖分の入った飲み物を与えることによって「ボトルカリエス(哺乳瓶虫歯)」を引き起こし、生えたばかりの前歯が虫歯になってしまいます。


子供がのどが渇いたときには白湯やお茶、牛乳のように糖分の入ってない飲み物を与えるようにし、寝る前には親がきちんと歯磨きをしてあげましょう。


子供が虫歯を繰り返すのは歯磨きがきちんと出来てないことが原因なのです。


子供の虫歯を減らすには?


一度子供にうつってしまった虫歯菌を0にすることはほぼ不可能です。


しかし、フッ素入りの歯磨き剤で歯磨きすることで虫歯菌の働きを弱くし、虫歯菌を減らすことができます。


親子での予防が大切ですから、1日2回以上は一緒に歯磨きをしましょう。


また、キシリトールのガムやタブレットを2分間程度口の中で回しながら噛むことで歯垢をサラサラに変えて、虫歯菌を減らすことができます。親子で一緒に噛むと良いかもしれませんね。


今お母さんたちに人気の虫歯予防歯磨き粉は実際に良いのか検証してみた!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。