幼児が虫歯になったらどうしたら良い?

どれだけ気を付けて予防していても完璧に虫歯を防ぐことはなかなか難しいです。


では幼児期に虫歯になってしまった場合どうしたら良いのでしょうか。


何ができるのか見ていきましょう。


歯医者さんへ行く

乳歯(子供の歯)は永久歯(大人の歯)に比べて虫歯はどんどん進行していきます。それで虫歯ではないかと疑われる歯があったら早めに歯医者さんに連れていきましょう。

その際一番初めての歯医者さんは生涯の歯医者さんに対する子供のイメージを作り上げますのでとても重要です。

歯医者さん嫌いになってしまうかどうかが決まってしまいます。それで小児歯科専門の歯医者さんに診てもらうようにしましょう。

子供に対する接し方も慣れているからです。


乳歯も治療する

いずれ生え変わるからといって乳歯の虫歯を放置すると次に生える永久歯や歯並びに悪影響です。それで乳歯もしっかりと完治するまで虫歯治療しましょう。


日頃のケアも重要

虫歯を歯医者さんで治療したからといってその後何もしなくてよいわけではありません。

しっかり歯磨きをしないと「二次カリエス」といって治療した歯がまた虫歯になってしまうことがあるのです。


乳歯は虫歯がどんどん進行しますので抜かないといけなくなることもあります。そうなると永久歯が生えるまで時間があるため歯並びに影響が及びます。


それで歯医者さんの治療後は歯磨きや食事やおやつなど生活習慣に親がよく注意を払い虫歯を繰り返さないように心がけましょう。


今注目の虫歯菌を除去してくれる歯磨き粉を使うのも良いですよ。詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒ 虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉ってどうなの?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。