6歳臼歯ってどんな歯なの?

永久歯(大人の歯)で一番最初に生えてくる歯が『6歳臼歯』です。


だいたい6歳前後(小学校入学くらい)に生えてきます。


6歳臼歯がどんな歯なのかについて書いているので参考にして下さいね。


6歳臼歯ってどんな歯?

6歳臼歯は子供が6歳くらいに生えてくる最初の永久歯(大人の歯)です。乳歯(子供の歯)の奥歯(第2乳臼歯)の奥の歯ぐきに生えてきます。

お口の中でかむ力が最も強く歯を食いしばる時一番重要な役割をします。最初に生えてきて一番重要な役割をするため『歯の要(かなめ)』とか『歯の王様』といわれています。

6歳臼歯は歯の中で一番虫歯になりやすい歯!

6歳臼歯を虫歯にしてしまった子供は80~90%にもなるという統計が出ています。6歳臼歯が生えてから5年までの子供で治療が終わっている子供を含めます。

もし子供時代に6歳臼歯を神経に届くほどの大きな虫歯にしてしまったら噛む力が落ちてしまいます。

さらに6歳臼歯はかみ合わせの要(かなめ)になりますので十分な高さを保つことができずにその後のかみ合わせに大きな影響を与えることになってしまいます。


どうして6歳臼歯は虫歯になりやすいのでしょうか?

6歳臼歯が虫歯になりやすい原因はかみ合わせの面が複雑な形をしていることにあります。また6歳臼歯が生えるのに長い時間がかかってしまうことにも原因があります。

6歳臼歯が最初に顔を出してから生え終わるまで上の6歳臼歯で11カ月。下の6歳臼歯で17カ月かかります。

生えたばかりの歯のエナメル質(歯の一番上の層)は酸に弱くかみ合わせの面は複雑で深い溝があります。さらに6歳臼歯は一番奥の乳歯の後ろから生え始めるので気がつきにくい歯なのです。

親が仕上げ磨きのときにしっかり注意していないと硬いエナメル質に育つ前に虫歯になってしまい気がついたときにはすでに6歳臼歯のかみ合わせの面が虫歯になっていたということも多いのです。


6歳臼歯の深い溝にはシーラント!

虫歯になりやすい6歳臼歯のかみ合わせの面の深い溝に『シーラント』という予防処置をする方法があります。

『シーラント』とは6歳臼歯のかみ合わせの深い溝の部分にプラスチックでシールして虫歯を予防する方法のことです。

6歳臼歯が生えてきたら一度歯医者さんに相談してみてください。ある程度6歳臼歯が生えてきた段階で『シーラント』をする場合があります。
 

その他にも虫歯菌を除去する成分が含まれている歯磨き粉を使うことで虫歯予防することもできます。子どもがいるお母さん達の間でも話題になっているのでもしかしたらあなたも聞いた事あるかもしれません。


実際にわたしも子どもに使ってますが子どものお気に入りです。詳しくはこちらに書いてるので参考にしてみると良いですよ。この歯磨き粉のおかげで子どもの歯磨きが楽になりました。

⇒ 話題の虫歯予防歯磨き粉の効果は本当なのか?実際に使って検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。