子どもの虫歯予防に関すること

虫歯ができてしまいやすい食べ方とは?
虫歯ができるのには、歯磨きの仕方にも関係しますが、食べ方も大きく関係しています。 そこで、虫歯ができやすい食べ方とは、どのようなものかをご紹介します。 ご自分の食生活の習慣と照らし合わせて、改善を図って虫歯ができないようにしませんか?
虫歯は痛みが出なければ放置しても良いの?
鏡を見ながら歯磨きをしている時、歯の変色に気付くことがあります。 もしかしたら虫歯かも?と思いながらも、痛みがないからいいかと放置していませんか? 虫歯は痛みが出なければ放置しておいても良いのかについてご紹介します。 治療しなくて
虫歯予防や歯周病改善に適した歯ブラシの選び方は?
ドラッグストアなどで歯ブラシ売り場のコーナーに行くと、実に様々な商品が販売されています。 何を規準に選んでおられるでしょうか? 虫歯予防や歯周病改善に適した歯ブラシの選び方をご紹介していきますので、ご参考に! 虫歯予防には奥歯まで
歯はかぶせたら虫歯にならないの?
神経の処置をして歯にかぶせものをする治療を受けることがあります。 そうすると、もうその歯は治療してあるんだから虫歯にならないと考えがちです。 しかし、本当にそうなのでしょうか? 神経を取っていても虫歯になる? 歯の神経を
虫歯を作らないことって可能なの?
虫歯を絶対に作りたくない、歯医者さんで痛い思いをしたくないという方は多いことでしょう。 また、お子さんにも虫歯ができないように徹底したいという方も多いはずです。 しかし、そんな事は可能でしょうか? どうすれば、虫歯を作らないように
子どもの歯が虫歯になりやすいのはなぜ?
大人よりも子どものほうが虫歯ができやすいことをご存知でしたか? お子さんをお持ちの方は、お子さんの虫歯予防をいつも心掛けておられるはずです。 どうして子どもの歯は虫歯になりやすいのか原因を見ていきましょう。 乳歯は歯の質が弱いから
初期の虫歯を治療しないのはなぜ?
初期の虫歯が歯医者さんで発見された時、「このまま様子を見ましょう」と言われることがあります。 「虫歯があるのに治療しなくていいの?」と思いますよね。 では、初期の虫歯を治療しない理由についてご紹介していきます。 歯には自然治癒する
子供の虫歯は飴が原因?虫歯を繰り返さない為には?
口の中は通常中性に近い弱酸性です。 食べ物を食べると口の中はだんだんと酸性になっていきます。 特に甘いもの飴などを食べるとより酸性に近付いていきます。 ですから、飴を食べただけでは虫歯になりませんが、甘いものを長い時間かけて食べる
子供の虫歯は親からうつる!虫歯菌をうつさない為に大切な事は?
誕生前や生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には当然虫歯菌はいません。 しかし、口移しで親や周囲の大人の唾液を通じて虫歯菌に感染してしまいます。 1歳から2歳半くらいの間が最も感染しやすく注意が必要です。 虫歯菌が乳歯の奥歯の溝に住み
幼児の虫歯対策は何をしたら良いの?
乳歯の虫歯は進行が早いため、もしも虫歯かな?っと思ったら早めに小児歯科専門の歯医者さんで診てもらうことが大事です。 もし、虫歯がひどく抜くことになれば永久歯の歯並びに影響します。 乳歯でも虫歯になったら治療が必要なのです。 虫歯を
<< 前ページ 最初 … | 14 | 15 | 16 | 17 |