女性特有の歯の病気とは?

女性であることはそれだけで歯周病にかかりやすいといえます。


こういうと女性の方は驚くかもしれませんがまぎれもない事実です。


女性特有の歯の病気って何?



思春期に女性特有の歯周病があります


歯周病菌は女性ホルモンを栄養源として好みます。


このため女性ホルモンが大量に分泌される思春期は特に歯周病にかかりやすい時期といえます。


また思春期に始まる月経にともなって周期的に一時的な歯ぐきの炎症を起こす女性もいます。


これはプロゲステロン(女性ホルモンの一種)は排卵後から月経前までの時期に多く分泌されこれが多くなると歯ぐきに炎症を


起こしやすくなるためです。


妊娠すると歯周病にかかりやすくなります


妊娠女性の約30~70%は歯ぐきに炎症を起こしているというデータがあります。


これは妊娠するとホルモンのバランスが崩れ歯ぐきに炎症を起こしやすくなっているためです。


一般的に歯ぐきの炎症が強いのは妊娠初期から中期の間のようです。


この時期はつわりの時期と重なりお口の中の清掃が不十分になりやすいため炎症が悪化してしまいます。


また妊娠3カ月のころに歯ぐきが腫れる妊娠性エプーリスという歯周病もあります。


閉経期にも問題が起きます


女性は閉経期から閉経後にいろいろな体の不調を訴えることが多くなります。これを更年期障害といいます。


お口の中も例外ではなくお口の中が渇くという症状がでてきます。ドライマウスと言いだ液の分泌が減り歯ぐきに炎症が起きやすくなるのです。


涙やだ液が出なくなるシューグレン症候群と呼ばれる病気の発症もこの時期が多いようです。


高齢になると骨密度が下がり歯ぐきに影響します


高齢になると骨の密度が下がり骨がスカスカになる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気にかかりやすくなります。


骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になると歯ぐきのまわりの骨が溶けてしまい歯周病のリスクが高くなってしまいます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。