妊娠すると歯磨きの時に吐き気が・・・どうすれば良い?

妊娠すると女性ホルモンが増加したりとホルモンバランスに変化があるため、お口の中の環境も変化します。


炎症に対する反応が強くなり、歯肉炎にかかりやすくなるのもそのためです。


それに加え、妊娠中は唾液の分泌が少なくなるため唾液による浄化作用も低下してしまいます。


そのため妊娠中はいつもにも増してしっかりと歯磨きをする必要があるのですが、つわりがひどい時などは、歯を磨くだけでも吐き気がすることも多いと思います。


妊娠中の歯磨きはどうしたら良いの?


昔は、「妊娠中に虫歯になるのは自分の歯のカルシウムが赤ちゃんにとられたからだ」と言われていました。


しかしこれは間違いで、妊娠中に虫歯になりやすくなるのは食生活やホルモンバランスの変化や唾液の分泌量の低下などが大きく関係しているためです。


特に妊娠中は歯肉炎にかかりやすいため注意が必要ですが、これも妊娠に伴うホルモンバランスの変化が原因だと言われています。


妊娠前から軽度の歯肉炎があった場合、妊娠を気に症状が悪化して歯周病になってしまうこともあるため要注意です。


つわりがひどい時期は難しいですが、歯医者さんを受診して歯石除去や歯のクリーニングをしてもらうことが大切です。


妊娠中に起こる歯肉炎などのトラブルを避けるためには毎日きちんと歯磨きをすることが重要です。


ただ妊娠初期はつわりが起こることも多く歯ブラシを口に入れるだけで吐き気が起こる人も少なくありません。


そんな時は、歯磨きをする時間にこだわらず1日のうちで体調の良い時間を選んで歯磨きをするとよいでしょう。


1日のうちでつわりが比較的おさまっていたりリラックスできる時間帯を選べば入念に歯磨きすることができます。


次に歯ブラシはなるべく小さめのものを選ぶことが大切です。


大きいヘッドの歯ブラシは吐き気が起きやすくなるため、子供用の歯ブラシなど小さなヘッドのものを選んで小刻みに歯ブラシを動かすようにして磨きましょう。


歯磨き粉もたくさんつけすぎると吐き気を催しますので、歯磨き粉は仕上げの段階で少しだけつけるのがお勧めです。


また歯磨き粉にもいろいろな種類がありますが、なるべく刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。


下向きで歯磨きをしないことも大切です。下をむくとどうしても吐き気を催してしまいがちです。


目線をなるべく上に向けるようにし、お口の中と床とが平行になるようにすれば吐き気が起こりにくくなります。


それから歯ブラシを舌に当てないことも大切です。吐き気は歯ブラシが舌に当たることで起こりやすくなります。


特に下の歯の内側を磨くときには当たりやすくなるため、歯ブラシを斜めに当てて上下に動かすようにするなど工夫をするとよいでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。