妊娠中の歯の治療はどうしたらいいの?

妊娠中に歯が痛くなったら、治療は可能でしょうか?


妊娠中にできる治療と避けた方が良い治療をご紹介します。


妊娠中は、虫歯や歯周病などになりやすい時期ですから、ぜひ参考にしてください。


妊娠中にできる治療は?


妊娠中、虫歯や歯周病の治療は可能です。麻酔も局所麻酔なので、赤ちゃんに影響を与える心配がないとされています。


歯周病の治療に歯のクリーニングをすることも、問題ないでしょう。


レントゲンも防護エプロンをするため、心配ないとされていますが、歯医者さんには妊娠していることを必ず伝えてくださいね。


治療時期には注意!


妊娠初期は、つわりなどもあり不安定な時期なので、赤ちゃんに負担のかからない程度の治療にとどめた方が良いでしょう。


安定期に入る16~27週目、妊娠中期に治療をするのが一番良いとされています。


妊娠後期に入ると、お腹が大きくなるため治療の体勢が長時間になると体に負担がかかります。
簡単な治療なら行えるかもしれません。


妊娠中に避けた方が良い治療とは?


妊娠中は、抜歯やインプラントなどの外科処置などは避けた方が良いでしょう。


これらは治療後に薬を飲む必要が生じるため、妊娠中は、薬を極力避けたいため行わない方が良いとされています。


妊娠中は、唾液の分泌が減ったり、食生活が変化したりして、虫歯や歯周病になりやすい時期です。


妊娠中に歯科検診に行っておいて、出産間近や産後に歯が痛まないようにケアをしておくことをおすすめします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。