子どもが歯を抜いたけどそのままにしておいて大丈夫?

お子さんの歯を抜いた後にそのままにしている。


乳歯の場合はこれから永久歯がはえてくるので問題ありません。


しかし永久歯を抜いたままにしておくのはいろいろとデメリットがあります。


子どもの永久歯を抜いた後そのままにしておいて大丈夫なのかについて紹介しているので参考にしてみてください。


歯を抜いてそのままにしておくとダメって本当?


人の歯はがっちりと骨の中に埋まって固定されているわけではありません。歯の1本1本が少しずつ動きながらアーチ状の安定した形をつくっています。


奥歯でかむ力は自分の体重を支えるほどの力を持っていますがその力に耐えられるのもこのアーチ状の安定した形があるからです。


しかし歯が1本でも無くなってしまうとアーチ状の安定した形を保つことができなくなります。


普通は上下の歯でかむ時上の歯も下の歯も少し後ろ向きの内側にたおれ込みます。


このため歯が無くなってしまうとアーチ状の安定した形を保てなくなりどんどんたおれ込んでくるのです。


特に無くなった歯のさらに奥の歯が手前にたおれ込んできます。次に無くなった歯のかみ合わせの歯が、どんどん伸びてきます。


このようになるとスムーズにアゴが動かなくなり歯列全体も歪んでくることになってしまうのです。


歯を抜いてそのままにしておいても良い場合ってあるの?


歯を抜いてそのままにしておいて良いのは一番奥の歯を抜いた場合くらいです。ほとんどの場合はそのままにしていてはいけません。


歯を抜いて長期間そのままにしておいてブリッジ等を入れようとまずアゴの位置がずれてきていますのでその位置を改善して元々のかみ合わせにしていかなければなりません。


期間が長くなるほどすぐによくすることはできなくなるのです。かえって治療費がかかってしまうことになります。


前歯を抜いてしまうと容貌に影響!


もし何らかの原因で前歯を抜いてしまうとまず外見上がよくなくなります。また話したりする時に空気が抜けてしまい発音に支障がでます。


成長期の子供が事故によって前歯を失った場合は処置を急ぐことはできません。アゴも歯も成長してくるからです。


このような場合は暫定的にプラスチックの歯をつけることも可能です。ただし耐久性には問題があります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。