歯の異常を知らせる7つのサインとは?

お口のトラブルはいろいろあります。


歯の痛みや歯ぐきの腫れ・出血が代表的です。


単に歯が痛いといっても何の痛みかはわかりませんよね。


歯の異常を知らせるサインはどんなものがあるのか紹介します。


歯が痛む

歯が痛む時は虫歯・歯周病・歯ぎしりの可能性があります。

虫歯の場合は虫歯が歯の一番上の層のエナメル質の下の層の象牙質まで進行すると象牙質の細管を通して刺激が伝わり痛みを感じます。

また歯周病の場合は歯ぐきや歯を支えている骨(歯槽骨)が侵され、歯ぐきが炎症を起こし腫れや痛みを感じます。

歯ぎしりをする場合は寝ている時に加わった刺激が脳に伝わり痛みを感じます。


歯ぐきから出血

歯周病や歯磨きが雑な場合の可能性があります。

歯周病によって炎症が起こり歯ぐきの抵抗力が低下して歯ぐきから出血します。また歯磨きは雑な場合も歯ぐきから血が出やすくなります。


冷たいものがしみる

虫歯・歯周病・知覚過敏・歯ぎしりの可能性があります。

虫歯の場合は象牙質の細管を通して冷たい刺激が伝わりしみます。歯周病の場合は敏感な歯の根が露出してくるために歯がしみるようになります。

また歯磨きのやり方に問題があると歯のエナメル質が削れて象牙質が露出し知覚過敏になり冷たいものがしみてきます。


歯がグラグラ

歯周病や歯ぎしりの可能性があります。歯周病で歯を支えている骨が下がってくると歯がぐらついてきます。

また常に歯ぎしりをしていると歯を支えている骨(歯槽骨)がかむ力に負け骨を喪失してグラグラしてきます。


歯にものがつまる

虫歯や歯周病の可能性があります。

虫歯の場合は虫歯によって歯に穴があいて食べ物がつまりやすくなります。

歯周病の場合は歯と歯が接している下の部分の歯ぐきが下がり三角状のすき間ができてものがつまります。


歯ぐきの色が悪い

歯周病の可能性があります。

歯周病になると歯ぐきの色がピンクから赤色や赤黒く変色してきます。歯ぐきが腫れてブヨブヨし見た目で明らかに歯ぐきの色が悪いのがわかります。


口臭が発生

虫歯や歯周病やストレスや食生活の乱れの可能性があります。

虫歯の場合はあいた穴に食べもののカスがたまり口臭を起こします。歯周病の場合は歯ぐきが腫れて膿や血が出てくると口臭がします。

その他にも食生活の乱れやストレスで胃腸の機能が低下しだ液の分泌が減り舌苔(ぜったい)がついてくると口臭がします。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。