歯ブラシ以外で歯をきれいのにするにはどんな物があるの?

歯磨きする時に歯と歯の間にはさまったカスを取ろうとすると歯ブラシではうまく取れない時がありますよね。


このような時に歯ブラシ以外で歯をきれいにする物があれば便利ですよね。


歯ブラシ以外で歯をきれいにする物を紹介します。



歯と歯の間の汚れを取るのに良いのは?


どれだけ正しく歯磨きしても歯と歯の間の汚れはなかなか落とせません。そこで使ってほしい清掃具に『デンタルフロス』があります。


デンタルフロスは最近では糸ようじとして広く知られ市販されています。デンタルフロス(糸ようじ)は細いナイロンの繊維をより合わせて糸状にしたものです。


歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の汚れをかき出します。虫歯予防や歯ぐきの病気・口臭の予防に役立ちます。


使い方は糸ようじタイプのものは柄がついていますのでそのまま糸の部分を歯と歯の間に入れて2~3回往復するようにします。


指に巻きつけて使うタイプのものは

デンタルフロスを30cmくらいに切って左右の中指に巻きつけます。
人差し指と親指でピンと張り1~2cmくらいにします。
歯と歯の間に入れのこぎりを引くように前後に動かしながら入れます。
歯と歯ぐきの境目にも少し入れ側面をこするように掃除します。(慣れないと歯ぐきを傷つけますので慣れてから行うようにしましょう)


『歯間ブラシ』は歯と歯のすき間をきれいに!


歯間ブラシは人工の歯の間の掃除や歯ぐきの病気が進んで歯の隙間が大きくあいた場所に使います。


健康な歯ぐきに使用するとかえって歯ぐきを傷つけたり退縮させたりしますので使い方には気をつけましょう。


使い方は場所に合わせて歯間ブラシを使いやすい角度に曲げ歯と歯の間に直角に入れ前後に4~5回くらい動かします。


サイズ選びが重要ですので歯医者さんや歯科衛生士さんに一度指導してもらうのがよいでしょう。


歯ブラシが届きにくい場所を磨く時は?


奥歯の一番後ろ側や歯並びが悪くて歯ブラシが届きにくい場所には『ワンタフトブラシ』を使うとよいでしょう。


ワンタフトブラシは1本磨き用の小さな歯ブラシです。


使い方は歯に当てて円を描くように磨きます。ワンタフトブラシは1日1回就寝前に磨くだけでも効果がありますので使ってみることをおすすめします。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。