歯科にはなぜ保険のきかない治療があるの?

歯医者さんに行って健康保険のきかない治療があると不安の種になりますよね。


健康保険がきかない治療は高額になりますので歯医者さんがよく説明してくれないと本当に心配です。


歯科にはどうして健康保険のきかない治療があるのかについて書いているので参考にしてみてください。


健康保険のきかない治療がある理由は?


ほとんどの歯医者さんは「健康保険で使える材料や方法が規則で制限されているから健康保険がきかない治療がある」と答えます。


また厚生労働省では「歯の治療は本来全て健康保険でできます。最新の治療や贅沢な治療だけ健康保険がききません。」となっています。


健康保険はみんなのお金で病気になった人を助ける仕組みですから医療を受ける人が勝手に病気かどうか決めるようでは面倒はみられないのが現状です。


しかし歯科の治療は最終的には患者さんが治療のゴールも方法も決める「患者の自己決定」です。これは健康保険の仕組みではまかなうことができないのです。


健康保険は「決まり」が主人公になり「患者」ではありません


健康保険の仕組みは慢性の病気の治療やリハビリでは「患者の自己決定」が主人公のはずなのに「決まり」が主人公です。


医師や歯医者さんは「決まり」を守れば結果がどうでも診療報酬が入ります。


つまり患者さんにためになっても「決まり」どおりでないと診療報酬は受けられないのです。


健康保険の治療では患者さんのためではなく「決まり」のために治療するという反対の現象が起こっているのです。
 

歯科で健康保険がきかない治療は?


歯科では健康保険の支払い規則で歯医者さんが診療報酬を受け取ることができる医療行為が細かく決められています。


使っていい材料も細かく決められています。


それ以外は歯医者さんが診療報酬を受け取ることはできないので事実上できない治療になってしまいます。


歯科で健康保険がきかない治療ってどういう治療?

虫歯や歯周病のない人に対する予防の処置(この病気にならないように予防すること)はききません
歯の矯正治療は基本ききません
人工の歯をメタルボンドポーセレンやセラミックでつくるのはききません
インプラント(骨に人工の歯を埋め込む治療)はききません
入れ歯を金属で作るの(金属床)はききません


健康保険がきかない治療は高額になりますので歯医者さんによく説明してもらって納得してから治療してもらうことを是非おすすめします。
 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。