歯周病ってどんな病気?

歯磨き粉のCMなどでも「歯周病」とよく聞きますよね。


歯茎の病気であることはご存知かもしれません。


中には、歯槽膿漏と同じと解釈しておられる方もおられるかもしれません。


では、歯周病とはどんな病気なのかをご紹介します。


歯周病は細菌による炎症


歯周病とは、細菌に感染することで炎症を引き起こす病気の総称です。歯周病の中に歯肉炎と歯周炎が含まれます。


私たちのお口の中にはもともと300種類から500種類ほどの細菌が常在しています。


細菌が存在していることは問題ではなく、歯磨きが十分にできていなかったり、糖分を摂り過ぎたりしていると、細菌がネバネバとした物質を作り出します。


これがプラークつまり歯垢です。


そして、この歯垢1mgの中に10億個の細菌が住み着いているとみられています。その中に歯周病を引き起こす細菌があるのです。


歯周病は骨も溶かす病気って本当?


結論から言うと「本当」です!


歯周病は最初、歯と歯茎の境目あたりに歯垢がたまりやすいため、そこから炎症を起こし始めます。


そのまま放置していると、中にどんどん炎症が広がり、最後には歯を支えている骨まで溶かしてしまいます。


その結果、歯が抜け落ちたり、抜歯したりしなければならなくなる病気です。ですから、大切な歯を失うかもしれない非常に恐ろしい病気であると言えるでしょう。


最近の研究で歯周病は糖尿病などいろいろな病気と関連があることがわかっています。


たかが歯周病と思わずに何か歯の調子がおかしいなと思ったらすぐに歯医者さんに行って診てもらうほうが良いですよ。


初期の歯周病(歯周炎)の状態であれば正しいブラッシングで改善することも可能ですから。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。