歯周病ってどんな症状が出るの?

歯周病が具体的にどんな症状が出るのかをご存知でしょうか?


ご自分の歯茎の状態をチェックしながら是非ご覧ください。


歯周病の一種である歯肉炎の症状とは?


歯周病は歯肉炎と歯周炎という細菌による歯茎の炎症の病気の総称です。


歯肉炎というのは、歯周病の中でも初期の段階です。健康な歯茎の場合はピンク色をしていますが、歯肉炎になると赤くなります。


そして歯茎が腫れて丸みを帯びるようになります。健康な歯茎は歯と歯の間で三角形になっています。


この歯肉炎の状態では痛みや出血はなく、なかなか自覚しにくいかもしれません。


歯周炎の症状とは?


歯肉炎が進行すると歯周炎になります。歯茎の色は赤紫色に近くなります。


腫れもさらに強くなり、歯磨きすると出血するでしょう。膿がでることもあり、ひどくなってくると痛みも生じます。


歯周炎の中でもかなり進行すると、歯を支える骨を溶かし始めるので、歯がグラグラするようになります。


そして、噛むと痛みが生じ、最後には歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまうことになります。


ご自分の歯茎の状態と見比べてみていかがでしたか?


当てはまるものがあれば、早めに歯医者さん行き適切な治療を受けることをオススメします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。