歯周病の予防方法とは?

歯周病は私たちの誰もがなりうる病気です。
子供も大人も注意が必要です。


しかも、ひどくなると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なので、是非、意識して予防することをオススメします。


毎日の丁寧な正しい歯磨き方法は?


歯周病の1番の予防は、何と言っても歯磨きです。


ただし、ただ磨いていれば歯周病にならないというわけではありません。やみくもに磨いていれば、せっかく磨いているのに無意味になってしまうこともあります。


1番、歯の汚れが溜まりやすい歯と歯茎の境目にある歯周ポケットという部分を磨くことが大切です。そのために、歯ブラシを斜め45度にあてましょう。


そして、ゴシゴシと力を入れるのではなく、歯茎を傷めない程度の優しい力で磨くようにしてください。


毎食後に磨ければベストですが、そうもいかないと思いますので、朝と就寝前の歯磨きは必ず行うようにしましょう。


歯医者さんでの定期検診で歯周病予防!


どれだけ丁寧に歯磨きをしていても、自分ではクセがあったり、磨き残しができてしまいます。


ですから、痛みや異常がなくても定期的に歯医者さんに行き、歯周病になっていないかチェックしてもらったり、汚れの塊である歯石を除去してもらったりしましょう。


また、歯医者さんでは、正しい歯磨きの仕方を指導してもらえます。4ヶ月から6ヶ月に1回は検診を受けることをオススメします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。