歯槽膿漏と歯周病との違いは何?

「歯槽膿漏」と「歯周病」どちらの言葉も聞かれたことがあるかもしれません。


では、この違いについてはご存知でしょうか?


簡単にご説明していきます。


歯槽膿漏と歯周病は実は同じ?


歯周病とは、細菌の感染によって炎症を引き起こす病気の総称のことです。歯槽膿漏は、歯周病に含まれています。


歯周病には、進行段階があり、歯周病になるとまずは歯茎に炎症を起こす歯肉炎を発症します。


これは歯茎が赤くなったり、少し腫れたりする状態です。この状態の時は、歯槽膿漏とは呼ばれません。


歯肉炎からさらに症状が進行すると、歯茎の炎症が悪化して出血したり腫れが強く出たり、痛みが出たり、膿が出たりします。


そして、歯を支える骨である歯槽骨まで溶かして歯が抜けたりする状態になることがありますが、これを歯周炎と呼び、歯周病の重度の段階となります。


この歯周病の重度の段階を歯槽膿漏と呼びます。最近では、歯槽膿漏のことを専門的に歯周病と呼ばれることの方が多いかもしれません。


歯周病の治療は早めに!


歯周病と歯槽膿漏との違いをご紹介しましたが、呼び方の違いだけで治療を早くした方が良いことには変わりはありません。


歯茎の腫れや出血などの症状がある方は早めに歯医者さんでの治療を受けましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。