歯肉炎は赤ちゃんでもなるの?!

赤ちゃんも生後6~8か月くらいになると乳歯(子どもの歯)が生え始めます。


生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクしか飲みませんが、乳歯が生え始めるころになると離乳食を食べるようになります。


乳歯と言えども歯垢(プラーク)はやはり付着しますので、大人同様に歯磨きは必要になります。


赤ちゃんでも歯肉炎になることはあるの?


生後6~8か月ごろになるとまず初めに下の前歯が2本生え、その次に10か月ごろになると上の前歯が2本生え、1歳ごろには上下の前歯が4本ずつになります。


1歳半ごろになると乳犬歯を飛ばして第一乳臼歯(子どもの歯の奥歯)が生え、1歳半を過ぎるころになると乳犬歯も生えてきます。


さらに2歳半ごろになると第二乳臼歯(子どもの歯の奥歯)も生え、上下合わせて20本の乳歯生えそろいます。


乳歯の生える時期はあくまでも目安であり、かなり個人差があります。


歯磨きについてですが、当然赤ちゃんは自分では歯磨きすることができないため、お父さんもしくはお母さんが磨いてあげる必要があります。


乳歯が生え始める前から赤ちゃんの口の中にガーゼ入れて歯茎を拭く習慣をつけるとよいでしょう。


乳歯がたくさん生えてくるにつれて離乳食の量も増えてきますので歯垢も付きやすくなります。


赤ちゃん歯磨きには赤ちゃん用の歯ブラシが市販されていますので、それを使って歯垢をしっかりと落とすように磨きましょう。


離乳食を与える時、大人が口移しをしたり大人が噛み砕いたものを赤ちゃんに食べさせることは絶対にやめましょう。


なぜなら大人の口の中にいる歯周病菌やミュータンス菌(虫歯の元になる細菌)が赤ちゃんに感染してしまうからです。


感染したからといってすぐに悪さをするというわけではありませんが、乳歯の歯磨きがきちんとできていないとこれらの細菌が引き金となり赤ちゃんでも歯肉炎や虫歯になることがあります。


またしっかり磨こうとするあまり赤ちゃんの歯茎を歯ブラシで傷つけてしまって歯肉炎になることもありますので注意が必要です。


この時期はあまり無理をせず、ガーゼなどでやさしく歯を拭いてあげるだけでも十分です。それから乳歯の生え始める時に、自然と歯茎に炎症が起こることもあります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。